場帳の書き方

相場師が使う道具に、三種の神器(場帖・玉帖・グラフ)があります。特に場帳の見方はとても重要で、相場師は、チャートより場帳を使って売買をします。

質問等は、ラインワークス問い合わせフォームからお願いします。

場帳の書き方

・毎日四本値と陰陽を手書きで書く
・1枚に1銘柄、ひと月分を書く(次月は別の用紙になります)
・毎日更新する

初めての方は20銘柄からスタートしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする