【楽爺夜話…60】それを狙うのは、かなりの確率で短期間に利益をとることが出来ます。

ぽっぽさん こんにちは

『安い銘柄をどうして仕込むのか? ⑤ 』

最後に4番目の突っ込みすぎの安値銘柄を拾う方法です。

割安株を手っ取り早く仕込む方法としては、
出来れば、バーゲンでお値打ちな銘柄を買うっていうのが、
実践的ですし、相場をしている人達の皆んなの願いですよね。

では、最もバーゲンな株価というのは何なのか?ですが、
それは全体が下げた時に、一番大きく下げた銘柄です。
必要以上に売り込まれるので、戻りが大きいのです。

信用で買われていて、それで全体がドーンと下げた時には、
2階建ての人は必死で逃げますから、必要以上に下げます。
でも必要以上の下げは、売りが一巡すれば、
やがて適正な価格に収斂されて行くことになります。

なので、それを狙うのは、全体の相場が崩れなければ、
かなりの確率で短期間に利益をとることが出来ます。

実は、楽爺は東芝を持っていますが、
買い始めたのは不正発覚前の2014/11でした。
不正が発覚した2015/03にはドーンと下げてしまいました。
そりゃあひどい下げでヤバイ倒産って感じでしたが、
その時から売り繋いで、いつもの様に2015/11末に売りを外して、
グダグダしていたら、意外に損をしませんでした。

苦肉の策として東芝は2部になりましたが、
たぶん現在は買値を上回っていますので、選挙の投票前に
手放して終わりにしようと思っています。
(書いて頂いたのは、10/9)

会計の不正で、倒産しかけた会社ですら、
思っていたほどは下げるわけではないのですから、
普通の会社の一時的な下げの突っ込み買いというのは、
慣れればかなりの勝率が有ると考えられます。

では、では、まだ続きます。
                    楽爺

う~~ん、会計の不正は、思ったより下げないのか…

こういうことも知らないからなぁ…

一つ一つ勉強ですね。

ツッコミ買いは、師匠達は皆さん好きですよね(笑)

怖くて買えない時に、嬉々として買われてますもん。

全体が下げた時っていうのがポイントですよね。

大雨の土砂降りの中、買う。

それにしても、楽爺師匠…

東芝を買われたのは知っていたのですが、

損してないんですか!!

すごっ アセアセ

ぽっぽ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 アップ ポチっとして頂けると、励みになります。

 ぽっぽ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする